顔のたるみを徹底解消!理想なフェイスラインを作れる施術をご紹介

医者
  1. ホーム
  2. 若返るなら押さえておこう

若返るなら押さえておこう

女性

沢山のメニューから選択可

実年齢に手を加えることはできませんが、美容整形外科なら顔にできたたるみを取り、見た目の年齢を若くすることができます。たるみ治療はリフトアップ治療とも呼ばれており、頬がたるむことで生じるほうれい線や、顔の印象を大きく変えてしまう2重アゴなども若々しく改善できるのです。リフトアップ治療は美容整形外科の中でも施術メニューが充実しており、メスや注射、そして高周波などの治療システムをつかったマシン治療などが揃っています。各カテゴリーにも数種類ずつの施術方法があるため、顔のたるみを解決する時は、多様なメニューから選べるのが基本です。近年の美容整形はメスを使うことだけが治療ではありませんので、肌にメスを入れたくない方も、安心してたるみ治療を受けられる点を、基礎知識として押さえておきましょう。手軽に受けられることで人気のマシン治療には、RFと呼ばれる高周波を照射する施術もあり、その熱エネルギーの効果でコラーゲンを増産させるのが特色です。RF治療にはモノポーラという別の治療システムもあり、照射によってゆるんだ肌をキュッと引き締め、皮膚に弾力が出るようにしてくれます。また、高周波とダイオードレーザーを複合したポラリス治療では、施術直後でも素肌の引き締め感が得られ、毛穴も同時に引き締めてくれるのです。皮膚のキメが良好になり、ファンデーションなどの乗りにも違いが表れることは、ちょっとしたマメ知識になっています。そして、メスを入れる施術に近いリフトアップが望めることから、サーマクールという治療方法も注目されています。年齢を重ねた肌は、表皮を支える筋肉組織から垂れ下がってしまうのですが、サーマクールなら高周波エネルギーが肌の奥まで届き、コラーゲンの合成を促してくれるのです。治療方法は皮膚の上に照射ノズルを当てていくだけなので、至って簡単に受けられます。施術時間はおよそ30分ほどで、ニキビ跡の解消にも働き掛けてくれますから、魅力的な若返りをサポートしてくれる治療です。そのほか、高密度の超音波を表在性筋膜へ与えてたるみを治療するウルセラシステムなど、美容整形外科ではマシンを使ったリフトアップメニューが幅広く提供されています。これらの治療方法は美容整形外科でたるみを取る時に大切な基礎知識になりますので、適切な施術メニューを選ぶためにも覚えておきましょう。一方、メスを入れる施術でも、コメカミなどのわずかな切開だけで済ますミニリフトや、コメカミからアゴの横までを切開するミディアムリフトなどがあります。さらに首筋付近までメスを入れるトータルフェイスリフトは、顔から首に掛けてのたるみを1度に改善できるのがポイントです。メスを入れる部分は基本的に髪の毛が生えている所になるため、治療跡が他人に気付かれないようにしてくれることも、知っておくと良いマメ知識になっています。