顔のたるみを徹底解消!理想なフェイスラインを作れる施術をご紹介

医者
  1. ホーム
  2. 目元を整えて若さをキープ

目元を整えて若さをキープ

背中

施術は組み合わせてもOK

他人から少しでも若く見られることは大変心地良いですが、反対に実年齢より上に見られますと、肩を落としてしまうこともあるでしょう。とりわけ目の下にたるみが出ていれば、見た目的に老けた印象を放ちますから、若く見られない場合が少なくありません。しかし、そのたるみが脂肪の定着などによって生じておりますと、セルフケアでは対処できないのが一般的です。ですが、美容整形外科なら脂肪の除去治療がありますので、見た目の若返りが目的の場合でも、便利に利用できるようになっています。外科という分類からメスを使う印象も強いですが、昨今では切らない目の下のたるみ治療も充実しており、切開しなくても若返れます。目の下のほか、腫れぼったい上まぶたの脂肪も取れば、10才ほどの若返り効果も期待できるため、若さを取り戻すなら利用しない手はありません。個々の状態でも違いますが、施術は1時間もあれば完了するため、OLの方や家事で忙しい主婦の方々にも人気があります。治療したことでたるみが解消され、ハリもある若々しい目元になれたなど、多くの人が効果を実感しているのも特徴です。また、顔の中でも目の下の部分は、脂肪によるたるみとヘコんだ箇所が共存している場合があり、複合的な原因で生じていることもあります。その状況でも美容整形外科ならきちんとした治療方法が用意されており、ヘコんだ所には脂肪注入などを行うことで、包括的にたるみを取ってくれるのです。そして目の下の細かいちりめんじわにお悩みの場合でも、美容整形外科では3DPRPなど、ヒアルロン酸と血小板をブレンドしたしわ取り注入治療が提供されています。顔のたるみだけでなく、美容整形外科は顔のしわを取りたい時にも活用できますから、幅広い目的で利用できるのです。目の下のたるみは年を重ねることで気になり始めますが、近年ではスマホの使い過ぎで目元へ負担が掛かり、たるみやしわができる方も増えています。ですから若くして目元がたるんでしまった際も、有力な解決方法として、美容整形外科で相談してみると良いでしょう。そのほか、ほうれい線やアゴもたるんでいる場合など、美容整形外科では加齢によるたるみ治療を数多く取り扱っており、その悩みの解消にも利用できます。さらに美容整形外科なら、涙袋を整えてチャーミングな目元にする施術も揃っているため、単に若返るだけでなく、より魅力的な顔立ちへ変身したい場合にもピッタリです。目元の若返りと涙袋形成は大抵同じ日に施術できますので、各種の治療を合わせて行うといった活用方法もあります。